月別アーカイブ: 2013年6月

緑楽園の探検– PHU QUOC

PHÚ QUỐC

PHU QUOC玉島は、日光が大好きである人の場所で、すてきな海岸を持って、熱帯地区の娯楽園として有名である。白い砂、黄色い日光、少し吹く風と波が岩に砕ける姿として、PHU QUOCは、旅行が好きである人に対して理想的な止め場所のこそである。

PHÚ QUỐC 3

PHÚ QUỐC 4

 

PHU QUOC島の北側は原生林と動植物系とすてきな海岸がある富かな地区である。北島へ行くのは野生の自然へ行って、ここであなたは非常に興味深い経験を得る。玉島は北側へ泳いでいる大きい口があけている魚の姿があると言われている。その大きい口は、原生林が白い砂浜と海浜礫に止まるGANH DAU 端である。面白い点の一つは、海に泳ぎながらベトナムとカンボジアの海境界を見えられる。調べたい人は、船でBAN小島とTHAY BOI小島へ行かれる。ここで、カンボジアのTA LON山を見える。

コン・チャイ・ズァ・フェ

コン・チャイ・ズァ・フェという料理を作るために、おいしい米を使って、ココナッツの水と炊かなければならない。炊いたご飯は腸詰め、海老、ペトイットポイスの豆、豚肉やチャーフェなどと混ぜる。

CƠM TRÁI DỪA HUẾ

食べる前に、ココナッツをすこし切って、ココナッツの水をそそいで米を炊くことに使う。 その後、混ぜたご飯をココナッツに入れて、それを暖かくして多くの煙が出るように蒸す。食事の時、フォークでココナッツからご飯を取り出して、チリソースをつけて食べる。蒸す時、コプラはココナッツの中にそのままで、ご飯の柔軟さや香りを上げる。

宮廷では、コン・チャイ・ズァは、小さい碗にご飯を入れられるすごく小さいココナッツで蒸される。宮廷から出る時、その料理は盛んになっていた。味わう目的の他、一杯になるために、もっと大きいココナッツが使われる。

CƠM TRÁI DỪA HUẾ1

コン・チャイ・ズァは蒸す前に味付けられたので、ドレッシングを使わないで食べられる。その上、お客様は混合のコン・チャイ・ズァを食べたくなったら、コン・チャイ・ズァに腸詰め、海老、豚肉、チャフェなどの自分の好きなものを入れるように注文できる。

CƠM TRÁI DỪA HUẾ 2

その宮廷料理を味わえるように、一々小さいスプーンのご飯を食べて、ゆっくり噛んだほうがいい。その料理はあぶらっこくて、甘くて、ココナッツの水の香りやきれいなご飯がある。碗の代わりにココナッツで直接に食べて、それは楽しみである。ココナッツの香りが煙と混ぜて出るので、すべての感覚でコン・チャイ・ズァの風味を味わえられる。

サイゴン(SAI GON)での観光所

ホーチミン市博物

BẢO TÀNG 2

住所:ホーチミン市1区LY TU TRONG通り65室

この博物館は、LY TU TRONG通りにあり、NAM KY KHOI NGHIA通りと隣接して、THONG NHAT庁舎、ホーチミン市人民裁判所、ホーチミン市国家図書館から遠くないである。サイゴンの昔の歴史的な遺物及びVIET MINHの指導によるフランス抗戦からホーチミンキャンペーンまで歴史段階の遺物を展示している博物館である。それに、この博物館は、サイゴン・GIA DINH(現在のホーチミン市)の形成過程の史跡である。

聖母マリア教会(サイゴン大教会)

NHÀ THỜ ĐỨC BÀ

住所:ホーチミン市1区パリコミューン広

聖母マリア教会は、古代建築を持って、その美しさが多角から発見できる。パリコミューン広を回りに行って、ホーチミン市郵便局を寄って、聖母マリア教会で止めること、ここで、毎日の午後、たくさんの人が祈りしていることは、サイゴンの特別な文化になていた。ここへ行くと、人影が平安、穏やかになる。時々、ここで、結婚式の写真をとる新郎新婦もあり、教会を見ながらフランス的な見物の美しさを褒めているたくさんの外国人もある。ここは写真を撮ることに適する。この教会は、宗教的も旅行的も持っている。ベトナムに来る観光客は、ここへぜひ写真を撮りに行く人が多いである。周りの場所が大きいので、観光に歩ける。

LAMライス(COM LAM)

コンランというものはベトナムの山岳地帯の特徴的な料理である。山岳での寒さには、竈の周りに座ってジャングリ風味のコンランを味わうのは素晴らしい。

CƠM LAM 3

コンランは味だけでなく、作り方も特別である。米は鍋などの代わりの新鮮な竹の官の中で炊かれる。おいしいコンランを作るのは簡単ではない。コンランのための竹は、筍がまだ筍の囲む葉をもうすぐ広げる期間を経ったばかりで、手首のように大きい管の口径がある竹である。

CƠM LAM

CƠM LAM 2

コンランの米はもち米の新米で、炊く前に研がれて塩を入れてよく混ぜられる。その後、その米は竹の管の中に入れられる。火で焼く時、各面が火に接するように竹の管を等しく回転させなければならない。竹の管の皮は燃えて、みどり色から黄色になると、米を炊きあがった。
来客の時、もしくはお祭りの時、ルォウクァン(ベトナムのワイン)、焼肉やムォイオット(塩と唐辛子の混じたもの)と同時に、ジャングリ風味ともち米の香りのある白いコンランもテーブルの上に出される。各人が一つの竹の管を取って、4本の指でそれを四つとか六つに分けて、その中のご飯をムォイヴィン(塩とがじゃまめとの混じたもの)につけて味わう。また、鳥肉とか猪の肉と食べたら、すごくおいしい。コンランという料理は遊覧客に忘れにくい印象を与えるという山岳の面白いプレゼントだろう。